« 2007年7月 | トップページ

2007年8月13日 (月)

流星群

先ほど見に行ってきました。

埼玉にも畑や田んぼが広がっているところがあり、今日見に行った所では4等星くらいの星はちゃんと見えました。

本当は明け方に近い時間なら良いのかもしれないが、明日は仕事なんで0時くらいにさっさと見て帰ることにしました。

20分くらい見上げていましたが、はっきりと見える明るさの流れ星は1個だけ。

あとどうも流れたっぽいと思われる不明瞭なヤツは3個ほど。

まぁ、こんなもんかな。

昔の記録にあるような、「火の雨」という表現が当てはまるものは勿論、「群」を感じさせるものにはなかなか巡り会えませんな。

もっともっと暗い所で見ると違うのかもしれませんが、

今日は埼玉の夜空を初めて真剣に見上げて、思ったよりかは星が見えたし、天の川も確認できたんで、良しとしますか。

あ~あ、ムシに刺されてかゆい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

存外に

治りが遅いです。
チャリでコケた傷です。
日曜日に江ノ島が見える某海岸へサンプリングに行ったのもまた悪かったのかもしれませんが、
また少し残る腫れの部分は触れても感覚が戻らず。
随分時間が経ってから内出血した部分がどす黒く出現し、思いのほか広範囲だったのにはびっくりしたけど、
そのどす黒い部分が突っ張るように痛み、それは夜になれば一段と増します。
昨日病院でまた診てもらったんだけど、特に何も言われなかったから大丈夫なんでしょう。
しかし、ホントに治りが遅くなったなぁ。心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

13日が出現ピーク、新月で好条件=ペルセウス座流星群、観察を-国立天文台

三大流星群の一つで夏の風物詩、ペルセウス座流星群が13日に出現のピークを迎える。新月に当たり、月明かりの影響を受けないので、天候が良ければよく見えると期待される。出現は前後数日間にわたるため、国立天文台は11日夜から14日朝まで、インターネットで「流れ星を数えよう」キャンペーンを行い、夏休み中の親子などに観察を呼び掛ける。
 同流星群は、ペルセウス座にある「放射点」から流星が四方八方に軌跡を描く。ペルセウス座は真夜中に北東の比較的高い場所に上るため、午前零時すぎから明け方にかけて、肉眼で夜空を広く見渡していると、流星を見つけやすいという。 

時事通信

未だに流星群らしい流星を見たことがない。

うーん、久しぶりに夜空を眺めてみるかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

いいのかな

一般向け、というか食品業界向けにメタボリックシンドロームの総説を書いています。

原稿料が出るんで、プロの仕事をしなければなりません。

この手の仕事は初めてです。

まぁ、上司から下がってきた仕事なんですが、頑張って書きます。

メタボリックシンドロームの概要と現状、そして対策みたいな話なんですが、

実はアタシ、メタボです。

ウエスト長は言うまでもなく、もう5年以上も高血圧症として降圧剤も服用しております。

うーん…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリでコケた

出勤中の水曜日にチャリでコケました。
走行中に片側のハンドルが旗に絡まって取られ、ブレーキをかける暇もなく前方へ転倒。
左手の甲から血が出て、右手首は捻挫。

いってぇーと思いながら外れたチェーンと曲がったハンドルの部分を直して普通にこいで職場に着いたのだが、1時間くらい経ってから右膝に激痛。
ズボンが触れるだけでもビリビリと痛みが走り、膝を確かめてみると、饅頭のように腫れている。
膝も曲げられない。
転倒直後は普通に歩けていたのだが、一応半月板損傷を疑って病院へいきました。

結果は単なる打撲。大きな内出血も無いようで一安心。
血を抜くから膝に注射をすると言われた時はかなりビビッたけど、全然痛くなかった。
腕が良かったのか、マヒしていたのかは分からない。
とりあえず湿布と痛み止めを貰って職場へ復帰しました。

次の日には階段も上れるようになったので本当に何でもなかったのだけど、
しかしたかが自転車でコケただけて案外ボロボロになったしまいました。
歩けるとはいえ、自転車を漕ぐと膝に違和感が復活するし、腫れもまだ残っている。
そして擦りむいた左手と捻挫した右手首が結構痛いです。

前回コケたのは12年前で、ハングオンをキメてコーナリングしようとしたらそのまま転倒し、あとは大根おろしのようにズズズズーーーー。
そのときは骨折も捻挫もなかったけど、やはり年齢とともにアクシデントの規模に対する体のダメージは増加するのだろうか。

結構スピードが出るチャリなんで、自動車も自転車も安全運転に気をつけることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ