« 元素占い | トップページ | 学位修得おめでとう »

2007年3月 6日 (火)

効果の天秤

2月中旬にLancetにて妊婦の魚介類の摂取によるその子供への影響に関する論文が載った。

魚介類の大量摂取による弊害としてメチル水銀の影響がしばしば取り沙汰され、アメリカでは妊婦の魚介類摂取量を340g/週以下に制限することが唱えられている。

水俣病でも見られたように、メチル水銀の悪影響に対しては慎重にならなければならないだろう。

日本でも2年くらい前に厚労省が同様のガイドラインを設けようとして、議論の結果、やはり妊婦はあまり摂取しないほうが良いという内容をまとめたはず。

今回のLancetにおける報告は、魚介類をまったく摂取しない妊婦、摂取量が340g/週以下の妊婦、そして340g/週以上の妊婦に関して調査したところ、340g/週以上摂取した妊婦の子供の知能等において有意な高値を示し、また水銀暴露は既報よりも高いものの、水銀による発達障害は認められず、逆に魚介類摂取による発達の効果が認められた、というものだった。

近年の健康志向ブームにより、みんなの食に対する関心は非常に高い。

しかしながら、それはたった一つの含有成分をクローズアップして、その善し悪しだけに注目し、さまざまな成分の総体であるその「食品」の本質的な機能性を見失って、一喜一憂しながら踊らされることがしばしば起こっている。

もちろんこの報告が日本の水産市場を流通している魚介類に対して単純に当てはまるかは分からない。

魚介類の成分は生育環境に強く影響されるから、仮に工業的な汚染の大きいどこかの外国の海域で採れたものだと、この論文のような報告どおりにならず、メチル水銀のリスクが増加するかもしれない。

この報告から「魚介類は安全である」ということではなく、「食品の安全性とはリスクゼロの食品からではなく、もっと相対的なレベルで充分満たすことができる」という事実を学ぶことができるのではないだろうか。

種々の栄養成分が渾然一体となった我々が普段口にする食品とはどういう機能性を有するものなのか、またそれが調理方法によってその機能性が大きく変化することもある、ということを自ら考え、日々勉強することが必要であろう。

過剰量の情報が蔓延している現在だからこそ、その情報を「当たり前に疑う」姿勢を身につけることは、もはや必須のスキルなのかもしれない。

Maternal seafood consumption in pregnancy and neurodevelopmental outcomes in childhood (ALSPAC study): an observational cohort study.

Hibbeln JR, Davis JM, Steer C, Emmett P, Rogers I, Williams C, Golding J.

BACKGROUND: Seafood is the predominant source of omega-3 fatty acids, which are essential for optimum neural development. However, in the USA, women are advised to limit their seafood intake during pregnancy to 340 g per week. We used the Avon Longitudinal Study of Parents and Children (ALSPAC) to assess the possible benefits and hazards to a child's development of different levels of maternal seafood intake during pregnancy. METHODS: 11,875 pregnant women completed a food frequency questionnaire assessing seafood consumption at 32 weeks' gestation. Multivariable logistic regression models including 28 potential confounders assessing social disadvantage, perinatal, and dietary items were used to compare developmental, behavioural, and cognitive outcomes of the children from age 6 months to 8 years in women consuming none, some (1-340 g per week), and >340 g per week. FINDINGS: After adjustment, maternal seafood intake during pregnancy of less than 340 g per week was associated with increased risk of their children being in the lowest quartile for verbal intelligence quotient (IQ) (no seafood consumption, odds ratio [OR] 1.48, 95% CI 1.16-1.90; some, 1.09, 0.92-1.29; overall trend, p=0.004), compared with mothers who consumed more than 340 g per week. Low maternal seafood intake was also associated with increased risk of suboptimum outcomes for prosocial behaviour, fine motor, communication, and social development scores. For each outcome measure, the lower the intake of seafood during pregnancy, the higher the risk of suboptimum developmental outcome. INTERPRETATION: Maternal seafood consumption of less than 340 g per week in pregnancy did not protect children from adverse outcomes; rather, we recorded beneficial effects on child development with maternal seafood intakes of more than 340 g per week, suggesting that advice to limit seafood consumption could actually be detrimental. These results show that risks from the loss of nutrients were greater than the risks of harm from exposure to trace contaminants in 340 g seafood eaten weekly.

Lancet. 2007 Feb 17;369(9561):578-85.

|

« 元素占い | トップページ | 学位修得おめでとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195294/5548136

この記事へのトラックバック一覧です: 効果の天秤:

« 元素占い | トップページ | 学位修得おめでとう »