« 闇から浮かび上がった大規模構造:ダークマターの広域分布を初めて測定 | トップページ | おやすみ! »

2007年1月15日 (月)

DHA:脳内の神経細胞再生促進の働き 島根大グループ

青魚に多く含まれる物質「ドコサヘキサエン酸」(DHA)に、脳内の神経細胞(ニューロン)の再生を促進する働きがあることを、島根大医学部の橋本道男助教授(環境生理学)らの研究グループが、ラット実験で確認した。認知症やアルツハイマー病などの治療に応用が期待される成果で、同グループは国内の製薬会社と共同で国際特許を出願している。

 グループは、生後20週の壮齢ラットに7週間、DHAを経口投与した。短期の記憶をつかさどる「海馬」の神経細胞を調べたところ、情報伝達網の広がりを示す突起状の軸索が、DHAを与えていないラットは増えなかったのに対し、与えたラットは約60%増えた。

 また、神経細胞へ分化する材料となる神経幹細胞をラットの脳から直接抽出してDHAを加えると、DHAを加えなかったものより、神経細胞へ分化する度合いが約1.5倍に促進されることも分かった。

 橋本助教授は「従来の治療薬と比べ、DHAは食品から簡単に取れる。認知症の予防や副作用のない治療薬として期待が持てる」と話している。

(毎日新聞)

http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20070112k0000m040154000c.html

この先生とは実際に学会で何度かお話させて頂いたことがあります。

この再生がどの程度脳機能の改善に寄与しているかは分らないとしておりました。

現状ではまだ夢だけど、この夢にかけているということを熱っぽい眼差しを向けて

お話されていたことが印象的でした。

是非とも更なる発展をされることを祈念いたします。

|

« 闇から浮かび上がった大規模構造:ダークマターの広域分布を初めて測定 | トップページ | おやすみ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 闇から浮かび上がった大規模構造:ダークマターの広域分布を初めて測定 | トップページ | おやすみ! »